パッシブホーム施工実績About experience of Passive-Home

木造住宅Wooden house

T様邸

愛知県弥富市 T様邸

事務所を併設した高気密・高断熱住宅で、全館空調のパッシブ工法の平屋住宅です。床下に設置したヒートポンプエアコン1台で全室を24時間暖かく、快適に保ちます。上下階の温度差がほとんどなく、穏やかな自然対流を心地よく感じることができます。暖房エネルギーのロスを抑えるメリットに優れています。

パッシブ工法の効果Effect of Passive-Home

真冬の外気温と各部屋との温度の実測値

パッシブ工法

パッシブホームの家は、各部屋との水平方向の温度差が約1℃以下です、さらに足元から温めるため、上下方向の温度差もほとんどありません。寒い時期に脳卒中や心筋梗塞が発症する率が高い要因として家の中の急激な温度差によって血圧が大きく変動して身体に悪影響を及ぼす「ヒートショック」から家族の健康を守ります。

足元から温めるため、上下方向の温度差もほとんどありません。大人でも赤ちゃんでも おなじ体感温度で過ごすことができます。 赤ちゃんへの厚着をさせなくなるので、 乳幼児突然死症候群の予防にもなります。

気になる実際の光熱費は?

パッシブ工法で建てられた建築物は、床下の高機能エアコン1台で家中をくまなく快適な温度に保つことができます。 部屋ごとに冷・暖房器具を置く必要がないため、設備投資費用も毎月のランニングコストも低く抑えることができます。

また、太陽光発電システムを導入することで、高断熱・省エネ・創エネによる自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い政府が推進する2020年の標準ZEHの暮らしを目指せます。パッシブ工法で建てられた住宅は、太陽光発電システムを設置することで、創造エネルギー量が、家電・調理分の消費エネルギーを含めた実際の生活消費エネルギーを上回る暮らしをご提供できます。


パッシブ工法施工のひみつSecret of construction

パッシブホームはなぜ、床下エアコン1台で、全室ほぼ同じ温度・同じ湿度の快適空間を創り出せるのでしょうか?
『気密性に優れた建築材料を使用しているから?』
『建築コストがすごく高いんじゃない?』
と、お客様は不思議に思われます。
パッシブホームは、特別な建築資材は使っておりません。一般的な材料を用いて、高気密高断熱+全館空調を実現した特許工法が 私たちにはございます。
だから、建設費も普通の住宅の15%UPくらいで建てることができるのです。しかも、この15%UP分はすぐ元が取れてしまいます!
パッシブホームは、温度・湿度が一定であるため、住宅の結露の心配がほとんどありません。結露は住宅の劣化を早める1番の原因でもあります。劣化を抑えることができるパッシブホームは、長期にわたり、メンテナンス・修繕費の心配がありません。太陽光発電システムを導入すれば、ZEH住宅になります。消費する生活エネルギーを太陽光発電から得たエネルギーにより、ゼロ以下にすることが可能です。余った電力は売ることもできますので、光熱費の削減が大幅に期待できます!

お客様のお声Voice of Passive-Home's Customer

今後、実査にお住まいになられています、愛知県弥富市のT様にパッシブホームのご感想をリポートいたします

お問い合わせ